ブースの掲示物は臨機応変に

ブースの掲示物は臨機応変に 展示会ブースには、自社の新サービスや新製品をPRする掲示物が必須です。
大型の展示会ブースを設営するなら、販促用のポスターは複数枚、必要となります。
一枚あたりのサイズも、大きくしなければなりません。
巨大な施設を借りての大規模なイベントであれば、来場者の目に留まりやすい巨大な看板や目玉ポスターが欲しいところです。
新製品のキャンペーンキャラクターや人々を引き寄せられる個性的なキャッチコピーなどを印刷した掲示物が、看板代わりに要ります。

展示会ブースを設置する施設が比較的コンパクトな場合、ブースに掲げられる販促品には物理的な制限が出てきます。
その場合は、自社が今最も強くアピールしたいサービスや製品の物を、大々的に掲示し、その他の販促品は大胆に省略した方が良いでしょう。
すべての販促品を公平に掲示すると、限られた空間に大量の情報が並ぶ事になり、来場したユーザーにごちゃごちゃした印象を与え、ネガティブなイメージを持たれかねません。
良い意味で、販促物の取捨選択するのがコツです。

展示会ブースで配布する試供品としてのサンプル

展示会ブースで配布する試供品としてのサンプル イベントブースを開くにあたって自社の製品をアピールする方法として、試供品を配りたいと考えている会社は多いです。
展示会ブースなどの入り口部分で試供品やサンプルを配ることをサンプリングと言います。
ノベルティグッズティッシュなどをコンパニオンが展示会ブースに来場する方に直接手渡しすることによって、来場する方にアピールするわけです。

展示会ブースは、新規開発商品などのお披露目であると同時に、その商品の消費者サイドの反応を確かめる場でもあります。
したがって、集客をはかるうえでサンプリングは効果があります。
なかでもデータ数よりも重要なのは、調査結果が信頼できるデータかどうかを判断するために、サンプルを提供して実際に手にしてみた感想を聞くことは重要です。
来場者がどのような目的で展示ブースに立ち寄ったのかを判定する材料にもなるのです。
来場者への製品に対するアピールの場と同時に、ランダムな声を製品販売の際の手掛かりにできればよいです。